Go to main section Go to footer
This action will scroll the page to the content
Close dialog
Tooltip.
Hero Image - Deauville
Blog

ホテル業界におけるウェルネストラベルのトレンドを活用

客室1室あたりの収益改善とレコメンデーション増加のため

本書は、ホスピタリティ関連のe-bookから抜粋したもので、現在の業界トレンドに関する最新データを収録しています。

ひとことで言うと:

  • 心と体の健康は、旅行者も例外ではなく、ウェルネストラベルはますます重要になる世界的なトレンドです!
  • 宿泊客が滞在中、健康的な運動習慣を維持できるようにするためのオプションは複数あります。ACSMが毎年発表するフィットネスのトレンドに注目し、ゲストのウェルビーイング体験にどのように貢献できるかを評価しましょう。
  • リモートワークは常態化しました。プレジャートラベルワーケーションステイのような現象は、ビジネストラベルにおいても新しい標準になるという根拠があります。すでにフリーランスワーカーやデジタルノマドはもちろん、若い世代の社員にも非常に人気があります。
  • プライバシーは、衛生面だけでなく、精神的な健康にも良い影響を与えるため、今後も旅行者の関心事であり続けるでしょう。

上記のトレンドは、ウェルネス ホテルにとってどのような機会につながるのでしょうか?

  • ワークアウトのトラッキング、オンデマンドのトレーニング、客室でのワークアウト提案は、滞在中もウェルネストラベルの体験を求めるゲストにとって良いオプションになります。
  • ウェルネスホテルでは専用のワークアウトスペースは、敷地の広さに合わせて大小さまざまですが、室内フィットネスのオプションも検討してみてください。
  • ウェルネストラベルの一環として、フィットネスルームでパーソナルトレーニングのセッションやプライベートな時間を予約できるようにすることも考慮しましょう。
  • オンデマンドのワークアウトコンテンツをマシンや客室のテレビで提供してみましょう。
  • オンデマンドのワークアウトコンテンツを提供するトレッドミルやバイク、あるいは個々の筋力トレーニングのトレンドにぴったり合ったフリーウェイトのセットなど、トレンドのマシンをいくつかの部屋に置きましょう>エクスペディア・グループによると、ウェルビーイング旅行者の70%は、お気に入りのアメニティやサービスを提供してくれるホテルには追加料金を支払ってもよいと回答しています。
  • ビデオ会議に十分な帯域幅を提供する強固な技術インフラ(有線インターネットよりWiFi)を維持し、潜在的なゲストにそのことを知らせましょう!
  • レジャーや仕事のために、大きめのデスク、筆記用具、セカンドスクリーン、プリンター、長時間座っても疲れにくい椅子、ヘルシーランチボックスなどのアメニティを追加した客室の提供を検討してみてはいかがでしょうか。
  • 敷地内にジム専用のスペースがない場合は、2つの部屋を小さなジムに改装することで、費用対効果の高い提案をすることができます。

ウェルネスとフィットネスのトレンドは常に変化しており、つい最近も急激な変化を遂げました。調査によると、5人に1人はパンデミック以前よりも運動量が増えました。

自宅での運動参加者は2020年に比べて69〜72%増加、ジムでの運動は約21%増加すると予想されています。

グローバル・ウェルネス・インスティテュート(GWI)は、ウェルネス旅行者が、快眠、防音、概日照明、換気ができるホテルや宿泊施設など、ウェルネスを重視した選択、活動、探索をさらに重視することを期待しています。また、フィットネスや身体的アクティビティ、健康的な食事、マインド・ボディ、メンタルウェルネスについても注目されています。

今日のウェルネス・トラベラーが求めているもの:

  • マインド・ボディ&ウェルネス
  • フィットネスとフィジカル・アクティビティ
  • 快眠
  • 空気清浄
  • 健康的な食事
Blog Post 2 - Man on Rower

また、いわゆる「ブレジャー」(ビジネス+レジャー)の考え方も増えており、ビジネス旅行者が希望する目的地や求める宿泊施設のタイプなど、すべてに影響を与えています。これは、ブレジャー観光客がレジャーとビジネスの両方で必要とするツールが進化していることも意味します。

ブレジャー = ビジネス + レジャー

ブレジャーとは、ビジネスとレジャーを組み合わせた旅行のことです。通常、ビジネスでの滞在は、訪問先の街を散策したり、現地に住む家族や友人に会ったり、商談後に一緒に旅行したりするために2〜3日延長されることが多いです。

ミレニアル世代や若い世代の社員を中心に、ブレジャーの人気が高まっています。

リモートワークは、多くの企業にとって今後も恒久的に続くと思われます。そして、この新しい働き方は、ホテルの宿泊客の行動や旅行の目的を変えるかもしれません。ワーケーションステイも増えてくるかもしれません。

ワーケーション = ワーク + バケーション

ワーケーションは、仕事と休暇の融合です。レジャー滞在に比べ、ワーケーションは一般的に期間が長く、雇用者と従業員の相互の合意により、さまざまな方法で構成することができます。

エクササイズの内容も変わってきています。ACSM(アメリカン・カレッジ・オブ・スポーツ・メディスン)は、2021年のフィットネストレンドのトップ5として、オンライン・トレーニング、ウェアラブル・テクノロジー、ボディウエイト・トレーニング、アウトドア・アクティビティ、高強度インターバルトレーニング(HIIT)が挙げられていますが、2022年には変化しており、ホテルもそれに対応できるようにする必要があります。

ACSMによると、2022年のトレンドのトップ5は:

  • ウェアラブル・テクノロジー
  • ホーム・エクササイズ・ジム
  • アウトドア活動
  • フリーウエイトによるストレングス・トレーニング
  • 減量エクササイズ
Blog Post 2 - Fitness Room Scene

ホテルは、こうしたトレンドを理解し、迅速に対応する必要があります。しかし重要なのは、これをゲストの旅行の具体的な改善につなげ、最適なアメニティや設備を提供して、ゲストの新しいニーズを満たす体験を提供できるようにすることです。

上記のオプションについてもっと詳しく知りたい、あるいは現在のフィットネスと旅行者のトレンドをどのように融合させて、ゲストにユニークなウェルビーイングを提供できるかについてもっと理解を深めたい、とお考えですか?私たちがお手伝いします。ホスピタリティの専門家がお答えします。